(症状と、その改善方法)

パニック発作はパニック障害において基本になる症状だと言えます。

動悸や息苦しさ、胸の痛み、めまい、発汗、震えといった症状が、突然起こり、このまま死んでしまうのではないかと「死の恐怖」を感じるところに特徴があります。

このため、夜中に救急車を呼んで病院に行ったりと、大騒ぎをし、周りの人達に迷惑をかけることも多いものなのです。

しかし、病院で診察しても、心臓などには特に異常が見られず、また、少し時間が経つと、症状も治まってしまうために、精神安定剤を処方されて終わってしまうというケースが多いように思います。

なお、パニック障害から来るパニック発作の場合、発作の症状がどんなに強くても、けっして命に関わるようなことにはならないものなのです。 また、長くても10分経てば、必ず治まってくるものなのです。
ですから、周りの人も、この事実を踏まえて対応していってあげると良いと思います。

また、パニック発作の症状は、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、「死の恐怖」対する「とらわれ」が薄れてくることで、少しずつ根本的に改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。

つまり、薬を飲めば、これですぐに治るという単純なものではないと言えるのです。


なお、下記のページも参考になると思います。

1.パニック障害(心から来る悩み2)




inserted by FC2 system